筋トレ初心者に役立つおすすめプロテインを種類別に解説!

筋トレによって体を大きくしようとする場合、トレーニングによって筋肉を刺激することも重要ですが、それと同じくらい栄養補給も重要です。

筋トレ後の栄養補給として最適なサプリメントはプロテインだということをご存知だという方は多いですが、筋トレ初心者の場合どのようなプロテインが良いのか理解している方は多くはありません。

ここでは、筋トレ初心者向けに役立つおすすめプロテインについてやさしく解説していきます。

スポンサードリンク

プロテインとは

プロテイン

まずはおさらいも兼ねてプロテインについて学んでいきましょう。

プロテインとは、たんぱく質を効率良く吸収できるように精製したサプリメントのことを指します。

肉類など、通常の食品からタンパク質を豊富に摂取しようとすると脂質や炭水化物などの栄養素も過剰に摂取してしまいますが、プロテインを摂取することで豊富なタンパク質を効率良く摂取できるため、筋トレをおこなう方にとっては必須のサプリメントだといっても過言ではありません。

「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」の違い

プロテインには、「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」と種類の違いがあります。

初心者の方の場合、プロテインの種類を理解しないまま摂取してしまうと思ったような効果が得られないということもありますので、プロテインを購入する際は種類について確認しておきましょう。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、牛乳から取り出したホエイ(乳清)を主成分としたプロテインです。

体への吸収が早いという特徴があり、筋肉分解を防ぐBCAAやビタミン類も多く含まれています。

ぷろたん
ぷろたん
ホエイプロテインは、トレーニング直後などタンパク質を素早く吸収したい場合に適しています。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、牛乳からホエイ(乳清)を取り除いた後のたんぱく質を主成分としたプロテインです。

摂取をすると体にゆっくり吸収されていくという特徴があり、味わいはとろみを感じるものが多いです。

ぷろ子
ぷろ子
カゼインプロテインは、就寝前や食事までの時間が空いてしまう時など、ゆっくり少しずつタンパク質を吸収したい場合に適しているわ

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大豆から抽出したたんぱく質を主成分としたプロテインです。

カゼインプロテインと同様に、体にゆっくり吸収されるという特徴があり、大豆に含まれるイソフラボンも吸収することができるため肌を健康に保ったり骨を強くしたりという効果もあります。

味わいはやや粉っぽく、ホエイやカゼインと比較すると水などに溶けにくいものもあります。

ぷろたん
ぷろたん
ソイプロテインは、たんぱく質をゆっくり吸収したい、美容や健康を気にされる方に適しています

おすすめプロテイン

それでは、ぷろたん筋肉研究所がピックアップしたプロテインを紹介していきます。

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート
ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg

極限までタンパク質の含有率と吸収を最大限に引き上げた、高品質&高純度のホエイプロテインアイソレート(WPI)が含まれている高品質なプロテインです。

プロのアスリートも愛用してる方も多いです。

シェーカーに粉体を沢山入れても、水を注いで軽くシェイクするだけで「さらっ」と溶け、ダマになったり、底にこびりついたりもしません。

味も文句なしなので、飲みやすさ、品質どちらをとっても最高峰でしょう。

オススメ度
エネルギー 377kcal
たんぱく質 90.8g
脂質 1.3g
炭水化物 0.4g
GOLD’S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB
GOLD'S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB プレーン900g

スポーツジムの大手であるゴールドジムから発売されているホエイプロテインです。

ホエイの品質にこだわるのはもちろんのこと、BCAAの組成比率が高いグリコマクロペプチド(GMP)を多く含んでおり、筋肉の成長にこだわる方へ最適です。

各ゴールドジムで入手できる他、ネット通販でも入手が可能です。

一般的なホエイプロテインと比較すると価格も高めとなっており、ホエイの中でも最上級のプロテインだといえるでしょう。

オススメ度
エネルギー 379kcal
たんぱく質 83.8g
脂質 1.0g
炭水化物 8.8g
DNS ホエイプロテインG+(ジープラス)
DNS ホエイプロテイン ジープラス ストロベリー風味

DNSのホエイプロテインは高品質のホエイを100%使用し、成分のクオリティが高いホエイプロテインです。

溶けやすさや美味しさにもこだわるなどの飲みやすさにもこだわっており、バニラやチョコレートなどの定番からストロベリーや抹茶など豊富なフレーバーが用意されています。

品質と味のバランスに優れているホエイプロテインだといえるでしょう。

筋肉の分解抑制、消化管機能のサポート、免疫力向上、傷の修復などに効果があるグルタミンも配合されております。

ドラッグストア、スポーツショップなどの店頭やネット通販で入手できますが、価格は一般的なホエイプロテインと比較するとやや高めです。

オススメ度
エネルギー 408kcal
たんぱく質 77.4g
脂質 6.6g
炭水化物 9.6g

ナチュラルとフレーバーについて

プロテインはメーカーによって「ナチュラル」「フレーバー」といった選択肢が用意されていますが、プロテイン初心者の方にはわかりにくい問題でもあります。

ここでは、ナチュラルとフレーバーの違いをわかりやすく説明します。

ナチュラル

プロテインに表記される「ナチュラル」とは、プロテインの原料であるホエイやカゼインをそのまま製品化したものであり、味付けがされていません。

コスト面においては、フレーバーと比較すると安価である場合がほとんどです。

また、フレーバーと比較するとグラムあたりのたんぱく質含有量も多くなっています。

注意すべき点としては味付けがなされていないので美味しくはありません。

ぷろたん
ぷろたん
人によってはそのまま水に溶かして飲む方もいますが、たいていは他の飲料や食事に混ぜる等の摂取をおこなう場合が多いです!

フレーバー

プロテインに表記される「フレーバー」とは、プロテインの原料であるホエイやカゼインに対してバニラやチョコレートなどの味付けをして製品化したものを指します。

コスト面においては、味付けの工程がある分ナチュラルよりも若干価格が上がりますが、水や牛乳に溶かすことで飲みやすいというメリットがあります。

プロテイン初心者の方はフレーバーを選択することがほとんどだと思いますが、選択するフレーバーによってタンパク質含有量が若干変わります。

また味付けされている分、糖質が含まれている場合がありますので気になる方は製品ごとの成分を事前に確認しておくことをおすすめします。

その他の注意点としては、人によっては相性の悪い人工甘味料(アステルパームなど)を摂取してしまうとお腹の調子が悪くなったりということがあるようです。

プロテインを飲むとお腹を壊してしまう、という方は使用されている人工甘味料の種類を変更することで問題が解消される場合もあります。

適切なタイミングについて

プロテインはその種類によって適切な摂取タイミングが異なりますので、種類ごとの摂取タイミングを頭に入れておきましょう。

ホエイプロテイン

筋トレ後30分以内を目安に摂取しましょう。

また、起床後すぐの空腹状態など、素早くタンパク質を摂取しておきたい場合にも良いでしょう。

カゼインプロテイン

就寝前や次の食事までの時間が空いてしまう場合など、空腹を避けたいタイミングで摂取しましょう。

ソイプロテイン

カゼインと同様に、就寝前や次の食事までの時間が空いてしまう場合など、空腹を避けたいタイミングで摂取しましょう。

プロテインの作り方

まず、プロテインシェイカーへ以下の材料を入れます。

・プロテイン粉末(20~30g)
・水または牛乳(100~300ml)

シェイカーの蓋をしっかりとしめ、粉末が溶けるようによく振ります。

プロテインの作り方
  1. プロテインシェイカーへ材料を入れる。プロテイン粉末(20~30g)、水または牛乳(100~300ml)
  2. シェイカーの蓋をしっかりとしめ、粉末が溶けるようによく振る

シェイカー

最近ではさまざまなメーカーからシェイカーがでており、選択肢が豊富になってきました。

なかでも、シェイクした状態でそのまま飲めるようフタつきの飲み口がついたモデルだったり、粉末が良く溶けるようにシェイカーボールのついたものもあります。

おしゃれなボトルであればジムにも気軽に持っていくことができますので、外出用のシェイカーを用意しておくのもおすすめです。

・マイプロテイン シェイカー600ml (ブルー)

マイプロテイン シェイカー600ml (ブルー)

飲み口(フタつき)とシェイカーボールのついたシェイカーです。

シンプルな形状で洗いやすいモデルです。

・ブレンダーボトル 【日本正規品】 Blender Bottle ProStak 22オンス (650ml) Full-Color ブラック BBPSE22 FCBK

ブレンダーボトル 【日本正規品】 Blender Bottle ProStak 22オンス (650ml) Full-Color ブラック BBPSE22 FCBK

飲み口(フタつき)とシェイカーボールの他にも、ジャーとピルケースが付属しており、さまざまなサプリメントを持ち運ぶ方におすすめのシェイカーです。

その他のプロテイン

プロテインは液体に溶かして飲む粉末タイプだけではなく、バーやゼリータイプなど、軽食代わりにもなるタイプもあります。

忙しくて食事をとる時間のない方や、プロテインシェイクを作ったり、持ち運びができない方にとっては貴重なタンパク源となります。

味も美味しく食べられるよう工夫されていますので、おやつとしても良いでしょう。

ゼリータイプ

・DNS ジェルエックス トロピカルフルーツ風味 285g×6個

DNS ジェルエックス トロピカルフルーツ風味 285g×6個

・バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイRTD 1パック(300g)×1ケース(30パック)ストロベリーヨーグルト

バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイRTD 1パック×1ケース(30パック)ストロベリーヨーグルト

・コナミスポーツライフ プロテインプロ マスカット風味 300g (15袋)

コナミスポーツライフ プロテインプロ マスカット風味 300g (5袋)
コナミスポーツクラブ(KONAMI SPORTS CLUB)
¥1,565
(2018/07/19 03:41:54時点 Amazon調べ-詳細)

バータイプ

・ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) 甘さひかえめ しっとり焼きチョコタイプ

ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) 甘さひかえめ しっとり焼きチョコタイプ

・DNS バーエックス チョコレート風味 45g×12本入り

DNS バーエックス チョコレート風味 45g×12本入り

・ウイダーinバー プロテイン グラノーラ (12本入x1箱)

ウイダーinバー プロテイン グラノーラ (12本入x1箱)
ウイダー
¥1,850
(2018/07/19 03:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

初心者におすすめのプロテインや種類についてご理解頂けたでしょうか?

プロテインはあくまでタンパク質を豊富に含んだ「栄養補助食品」でありますので、バランスのとれた食事をしっかり摂ることが前提となります。

本記事で紹介したプロテインは成分に大きく差があるわけではありませんので、あまり細かくこだわらずにまずは自分が飲みやすい、体に合ったものを飲み続けるのが良いでしょう。

関連記事はこちら