この記事は約5分で読めます。

フィッシュオイルが筋トレにもたらすさまざまなメリットやデメリットを解説!

スポンサードリンク

皆さんは、フィッシュオイルというサプリメントをご存知でしょうか?その名の通り「魚油」なのですが、フィッシュオイルは高濃度の魚油を効率良く摂取できるサプリメントです。

また、本記事でフィッシュオイルの紹介するということは、当然ながら筋トレにも効果のあるサプリメントです。

ここでは、フィッシュオイルが筋トレにもたらすさまざまなメリットやデメリットについて詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

フィッシュオイルって何?

フィッシュオイル

フィッシュオイルとは、魚から取れる油の中に含まれているオメガ3脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を高濃度に配合したサプリメントのことを指します。

DHA、EPAは他の油にも含まれていますが、フィッシュオイルはそれらを効率良く摂取することができます。

普段の食事からは摂取しにくい

フィッシュオイルは、普段の食事からは摂取しにくいDHA、EPAが豊富に含まれています。

特に、筋トレをおこなう方はついつい肉食になりがちで、肉類からの脂質摂取が増えているのではないでしょうか。

フィッシュオイルは魚から取れる油の中から、健康機能に有効なDHA、EPAを高濃度に凝縮していますので、魚をたくさん食べるよりも効率良くDHA、EPAを摂取することができるというメリットがあります。

フィッシュオイルのメリット(効果)について

フィッシュオイル

フィッシュオイルは筋トレをおこなう方にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?そのメリット(効果)について確認していきましょう。

筋肉の合成促進と分解の抑制

フィッシュオイルが筋トレにもたらす効果として大きいのが、筋肉の合成を促進させ、分解を抑制するという働きがあります。
このことにより、筋肉の分解を抑えながら筋肉を成長させていく作用が効率の良いカラダ作りをサポートしてくれるというメリットがあります。

筋肉疲労の回復

フィッシュオイルは筋肉の合成促進や分解抑制の働きがある一方、疲労回復にも効果があります。

フィッシュオイルに含まれるDHA、EPAは抗酸化作用を持っており、筋トレによって体内の酸化や炎症を回復させる働きにより、疲労回復効果を感じることができます。

成長ホルモンの促進

フィッシュオイルはDHA、EPAの持つ働きによって成長ホルモンの分泌も促すことができます。

成長ホルモンは筋肉を成長させるために重要なホルモンですので、激しいトレーニングによって筋肉を追い込む方には重要な要素となります。

筋トレ時のパフォーマンスアップ

フィッシュオイルには筋トレ時のパフォーマンスアップにも効果を発揮します。

DHA、EPAの働きによって、吸収した栄養素を筋肉中へ運ぶ働きが活発になるため筋力を発揮しやすい状態をできます。この働きにより、筋トレをおこなう際に高いパフォーマンスを発揮することにつながります。

骨の強度を高める

フィッシュオイルの摂取には骨を強化する働きがあるということも最近の調査で明らかになってきました。

骨を構成する要素として、カルシウムやビタミンDが重要なことは広く認知されていますが、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸も同じく重要であることがわかってきました。

オメガ3脂肪酸の血中濃度を高めることで骨密度が上がりやすく、骨の強度を高めるという効果があります。

メンタルにも好影響

フィッシュオイルはメンタル面でも好影響を与えます。

研究によって、うつ症状にはオメガ3脂肪酸の血中濃度を高めることの有効性がわかっており、このことはうつ病ではない方にとってもメンタルを高める働きがあります。

筋トレによって高いパフォーマンスを発揮する上ではメンタル面も重要ですので、日々の激しいトレーニングによって心身ともに疲労している筋トレ愛好家にとっては必要な要素だと考えています。

また筋トレ以外でも、日常生活で生じるストレスの改善にも効果がありますので、フィッシュオイルは筋トレをしない方にとっても重要なサプリメントですね。

デメリット

メリットたくさんのフィッシュオイルですが、デメリットはあるのでしょうか。
過去に報告されているカラダの不調について紹介します。

ムカつきが生じる

フィッシュオイルを摂取すると、胃のムカツキによる不快感を感じる方もいます。

その名の通り、「魚の油」ですので、油をそのまま摂取していれば胃がムカついてしまうのは無理もないと考えます。

胃のムカツキに敏感な方は、プロテインを飲んだ後や他の食品などと一緒に摂取することで症状を抑えられる場合があります。

過剰摂取による出血リスク

フィッシュオイルは高濃度の魚油であり、抗血小板作用があります。

ですので、摂取量が多いとちょっとした出血の際に血が止まりにくくなるなどの出血リスクが発生してしまいます。

抗凝血剤などのの医薬品と併用できない

フィッシュオイルには血液の粘度を下げ、血管を拡張させる作用があるため、抗凝血剤を服用されている方がフィッシュオイルを併用すると、出血による障害を引き起こしてしまう可能性があります。

血液に作用する薬を服用している場合は、事前に医師への相談をされた方が良いでしょう。

その他、健康面に与えるメリット

ぷろたん

フィッシュオイルは筋トレに対するメリット以外にも、健康面にも良い影響を与えることがわかっています。

肝臓脂肪の減少

フィッシュオイルは肝臓脂肪を減少させる働きがあり、肝機能や炎症を改善する効果があります。

関節の痛みの緩和

フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸の働きは肌の炎症を抑える効果があります。

その効果は関節にも効果があり、フィッシュオイルの摂取によって関節への痛みを緩和する効果が期待できます。

喘息の改善

喘息は気道が炎症することによって呼吸が困難になる症状のことを指しますが、フィッシュオイルの摂取によって喘息の改善が期待できることが研究によってわかっています。

これは特に、幼少期の小児喘息に対して効果的であるとも言われています。

子どもに対する多動性の改善

子どもにあらわれる不注意や落ち着きの無さ(多動性)のことをADHD(注意欠如・多動性障害)と呼ばれていますが、フィッシュオイルはADHDの改善にも有効であると言われています。

こちらについては、研究によってはっきりとした結果を示せていないとのことですが、脳の構成にかかわるオメガ3脂肪酸(フィッシュオイル)を十分に補給することでADHDの改善が期待できるのではないかと効果が期待されています。

フィッシュオイルのダイエット効果について

ダイエット

フィッシュオイルにはダイエット効果もあると言われていますが、具体的にどのような効果があるのか確認します。

脂肪の蓄積を抑制させる

フィッシュオイルに含まれるDHA、EPAは血中中性脂肪の上昇を抑える効果があるため、脂肪の蓄積を抑えるというダイエット効果があります。

脂肪分の摂りすぎを気にされている方やダイエットを目的として運動をしている方にもおすすめです。

また、筋トレをおこなっている方にとっては、体脂肪を増やさずに効率良くカラダを大きくしたい場合などにおすすめできます。

フィッシュオイルの摂取タイミングは?

フィッシュオイル

フィッシュオイルの摂取タイミングについては、特に厳格に決まっているものはありません。

しかしながら、フィッシュオイルは油ですので空腹時の摂取はデメリットにも挙げられている胃のムカツキを引き起こすおそれがありますので避けた方が良いでしょう。

胃への負担を抑えながら摂取するのであれば、胃が空っぽでない毎食後が良いのではないかと考えています。

適切な摂取量を把握しよう

フィッシュオイルの摂取量についてですが、厚生労働省は1日あたり摂取量を1,000mgと定めています。

ただし、海外の場合はFDA(米国食品医薬品局)は1日あたり3,000mg、欧州食品安全機関(EFSA)は1日あたり5,000mgとそれぞれ異なっており、基準値に対する見解がバラバラです。

このような場合、個人の体格に合わせて摂取量を調整するのが比較的安全ではないかと考えます。もちろん、過剰摂取は禁物ですので、カラダの不調を感じたら摂取を中止しておくのは言うまでもありません。

また、サプリメントにも摂取量の目安が表記されていますが、前述したように、国産と海外製品では摂取量の目安が異なりますので、あらかじめ把握しておく必要があります。

フィッシュオイルの保管方法

フィッシュオイルは油なので、常温で保管していると酸化が進んでしまい品質が劣化してしまうおそれがあります。

酸化を防止するためには冷蔵庫での保管をおこなうのが良いでしょう。

フィッシュオイルの購入について

フィッシュオイルは他のサプリメント製品と同様に、ネット通販などで簡単に購入することができます。

以下は、代表的なフィッシュオイルを紹介していますので、購入の参考にしてみてください。また、製品についてはカプセルタイプが主流となっています。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

バイオメガ3 180カプセル

バイオメガ3 180カプセル

ウルトラオメガ3 (500EPA/250DHA) 180錠

[海外直送品]2本セット NOW社 ウルトラオメガ3 (500EPA/250DHA) 180錠

関連記事

筋トレに役立つ超オススメサプリメント28選!タイプ別に大公開

筋トレに役立つ超おすすめサプリメント28選!タイプ別に大公開

2017.10.15

正しく飲んで最強の筋肉を!プロテインの摂取タイミングと摂取量

正しく飲んで最強の筋肉を!プロテインの摂取タイミングと摂取量

2017.11.07

最高のBCAAサプリで筋肥大!BCAAエクステンドの効果

最高のBCAAサプリで筋肥大!BCAAエクステンドの効果

2017.11.10

ぷろたん筋肉研究所はこんな方におすすめします

ぷろたん筋肉研究所は、フィッシュオイルをこんな方におすすめしたいと考えています。

毎日激しいトレーニングをおこなっている方

毎日激しいトレーニングをおこなっている方は、筋肉の疲労やメンタルも消耗しています。

フィッシュオイルによって筋肉の合成や疲労の回復を促進させることでトレーニングのパフォーマンスを落とさないようにしたい。

疲労によって次のトレーニングに対してのモチベーションが上がらないという方におすすめです。

関節を痛めている方

フィッシュオイルの炎症を抑える効果があります。

膝や腰などの関節を痛めている方にとってはフィッシュオイルは有効な成分であると考えます。

関節の痛みを抱えながらの筋トレでは高いパフォーマンスを発揮しにくいので、フィッシュオイルを有効活用することをおすすめします。

高重量でトレーニングをおこなう方

ベンチプレスやスクワットなど、高重量を扱う筋トレ愛好家の方は筋肉や関節に高い負荷が掛かっています。

フィッシュオイルを摂取することで筋肉の合成や疲労回復の促進で筋肉の成長スピードを上げることで、より激しいトレーニングや、ベンチプレスなどの記録更新を狙っていく効果が期待できます。

また、高重量でのトレーニングは関節への負担も少なくなりませんので、フィッシュオイルを摂取しておくことで関節を痛めるリスクを軽減させておくという、保険的な意味合いでもフィッシュオイルの摂取は有効だと考えています。

まとめ

フィッシュオイルは筋トレ愛好家にとって有効な成分が多く、プロテインと併用することで筋肉の成長を促進できる効果が期待できます。

また、フィッシュオイルは筋肉の成長だけではなく、健康維持の面からもおすすめできるサプリメントですので、適度に摂取して普段のコンディション維持にも役立てると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です