美しい肉体をコーディネートしよう!マッチョのファッションとは

ウェイトトレーニングを行うことで、逞しく美しい肉体を手に入れることができます。鍛え上げられた肉体はそれだけで芸術的で、際立った印象を与えることができます。

特に周囲の男性とはまったく違った雰囲気なので、女性からの印象も非常に強くなります。そのため、美しい肉体をより強調するために、ファッションにも気を使いたいトレーニーがいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら日本ではマッチョのファッションというのは、ほとんど考えられておりません。それは日本の男性が肉体的に軟弱な人が多く、トレンドはすべてそういう体型に合わせられているからです。

そのため、マッチョな肉体を自慢したいものの、マッチョにとってネックになってしまうのが、ファッションなのです。マッチョな人にはとても合わないサイズの物が多いです。だからと言って、サイズの大きな服を着てしまうと、せっかくの肉体美が隠れてしまいます。

そこで、芸術的な肉体を持つマッチョ男性に似合う「お洒落」や「ファッション」について、これから詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

マッチョは何を着ても絵になる

ぷろたん

とはいうものの、基本的にマッチョは何を着ても似合うんですよね!正直言って、マッチョは肉体自体がファッションだと言っても過言ではありません。

容姿の美しい男性がどんな表情をしても絵になるように、マッチョはどんな服を着ても似合います!

例えばスーツを着てもがっしりしているので、いかにも頼りがいのある「デキる」サラリーマンのように見えます。着物を着ても逞しい侍のように見えます。Tシャツでもタンクトップでも、基本的に何を着ても絵になるのがマッチョ体型なのです。

しかし、それだけでは味気なくなってしまうので、その他の注意点についても詳しく見ていきましょう。マッチョのファッションの秘訣を確認して、肉体美をより際立たせるファッションを生み出していきましょう!

①上半身はフィットした物を選ぶ

上半身

マッチョな体型の特徴とは、大きく広がった肩幅と、厚い胸板と背中、そして引き締まったウェストによって作られた、逆三角形の美しいボディです。

そういったマッチョの特権である美しい筋肉のラインを際立たせるために、上半身の服装にはできるだけフィットしたものを選ぶのがオススメです。かといって、小さすぎると服が破れてしまったり、あまりにムチムチしすぎるので良くありません。

伸縮性のあるシャツなどは一回り小さめのものを選ぶと良いですが、ジャケットや伸縮性のないシャツなどは、ぴったりフィットするサイズのものを選びましょう。

そうすることで、上半身の美しい筋肉のラインがはっきりするので、マッチョなボディーを自慢することができるのです!

服がキツくなった場合は仕立屋に相談しよう

マッチョの肉体は日々進化しているので、1年前に買った服が今年は合わなくなっているということがよくあります。気に入っていた服を着られなくなってしまうのは残念ですよね。

また、少し小さめのサイズの服を選ぶと、全体的には気に入っていても、部分的にはキツいと感じる部分もあります。特に既製品の服は肩や胸のあたりが狭いことが多いです。

そんなときは、キツい箇所だけを補正してもらえるように、仕立屋に相談してみましょう。仕立てがうまく行くと、自分の肉体にしっかりフィットする、マッチョ専用の服が完成するのです!

それ以外にも、自分の肉体に完璧にフィットする服を、オーダーメイドで作ってもらうこともできます。この場合は金銭的な負担が大きくなってしまいますが、その分自分によく似合う服装を選ぶことができます。

②ジーンズは少し余裕のあるものを選ぼう

ジーンズ

マッチョの服装といえば、どうしても上半身に注目しがちですが、マッチョな肉体は下半身も逞しく鍛えられています。そのため、下半身の服装についても考える必要があります。

上半身の服装とは違い、下半身についてはぴったりのサイズや一回り小さめのものは、避けておく方が無難です。上半身は筋肉のラインが目立つ方が好まれますが、下半身についてはあまり筋肉が目立つのは好まれません。

そのため、少し余裕のあるサイズのズボンをはく方が無難です。また、大きすぎると上半身の服装と合わなくなってしまうので、適切なサイズを選ぶことが大切です。

そうすることで、上半身の美しい筋肉のラインと、下半身の控えめな演出によって、全体のバランスが調和のとれた素晴らしいものになります!

可能なら仕立屋に相談しよう

上半身と同じく、マッチョは下半身のファッション選びも難しいものです。なぜならウェストが細く太股がとても逞しいので、普通のズボンはまずアンバランスになります。

太股がキツいからといって太めのズボンにすると、今度はウェストがダボダボになります。今度はウェストに合わせて細目を選ぶと、太股がキツすぎてはけません。

そういうわけで、上半身の部分でも触れたように、やはり可能であれば仕立屋に協力を求めるのが最も良い方法です。そうするとシャツもズボンも自分の思いどおりの、美しい肉体をアピールできるファッションの完成です!

③バランスに気を付けよう

ぷろたん

ファッションで大切なことは、全体の「バランス」です。特に上半身のファッションと下半身のファッションが、調和のとれたものであることが大切です。

例えば、大抵のマッチョは自分の胸板の厚さに自信があります。その胸板の逞しさを強調するために、ぴったりしたシャツやタンクトップを着ることは、マッチョにとってはとても気分の良いことです。

しかし、大胸筋を強調しすぎることで、他の部分とのバランスが崩れて、全体的な出来映えが悪くなってしまう可能性があります。そのため、単純に「フィットする服」を着るだけでは、バランスが悪くなることがあります。

自らの鍛え上げられた肉体の特徴をよく把握して、筋肉の美しさをコントロールして演出することが、マッチョのファッションでは大切になってきます。

例えば、まずは「上半身の筋肉が目立つ体型」か「下半身の筋肉が目立つ体型」か、そのどちらかを考えてコーディネートしていくと、バランスよく仕上げることが可能になります。

①上半身の筋肉が目立つ体型の場合

少しゆとりのあるズボンをはきましょう。上半身の逞しさに比べて下半身が細いため、ピッタリしすぎるズボンをはくと、下半身の細さが目立ってしまいます。

上半身の筋肉ばかりが目立ってしまうため、下半身がより細くてバランスの悪い体型に見えてしまいます。そのため、下半身には少しゆとりのあるズボンをはくことで、全体のバランスが良くなります。

②下半身の筋肉が目立つ体型の場合

少しゆとりのあるシャツを着るようにしましょう。下半身の逞しさに比べて上半身が細いため、フィットしすぎたシャツを着てしまうと、上半身の細さが目立ってしまいます。

下半身の筋肉ばかりが目立ってしまうため、上半身がより細くてバランスの悪い体型に見えてしまいます。そのため、上半身には少しゆとりのあるシャツを着ることで、全体のバランスが良くなります。

③上半身・下半身ともにバランスのとれた完璧な肉体

このような完璧な肉体を持つマッチョは、自分が上半身と下半身のどちらを強調しやすいか考えると良いでしょう。

もし上半身の肉体美を強調したいなら、ぴったりフィットするシャツやタンクトップを着ることで、上半身の逞しさをよりアピールすることができます。

下半身の肉体美を強調したいなら、ぴったりフィットするズボンをはくことで、下半身の逞しさをよりアピールすることができます。自分の目指す方向性によって、ファッションを選択しましょう!

以上のように、自分の鍛え上げられた肉体の特徴をよく把握して、身体の一部を強調しすぎない、全体の調和のとれたファッションを探してみましょう!

④冬は薄い服を重ね着しよう

ぷろたん

これまでの項目では、主に夏場のファッションに焦点を当ててきました。夏はタンクトップやシャツなどの薄い服を着るので、比較的肉体美をアピールしやすい環境でした。

しかし、冬場はそうもいきません。寒い夏はとても薄いシャツやタンクトップだけでは、外を歩くことはできません!そのため、どうしても厚めの上着を着てしまいがちになります。

ところが、厚めの服を着てしまうと、鍛え上げられた自慢の肉体を披露できなくなってしまうのです。これはマッチョにとっては大問題ですよね!マッチョはたとえ寒い冬でも、芸術的な肉体をアピールしたいものです。

そこで、冬場は下着としてタンクトップを着て、その上に薄いシャツを何枚か重ねて、さらにジャケットを羽織ってみましょう。そうすることで、分厚いセーターやコートなんかを着るよりも、ずっとスリムなファッションに仕上げることができます。

しかも、重ね着には保温性が高くなるというメリットもあります。そのため、薄い服を重ね着するのは意外と暖かいものなのです。

さらに、こうすることで、いざというときにすぐに薄着に戻って、その逞しい肉体美を披露することができます。例えば暖房がよく効いた部屋で少し暑くなったとき、重ね着していたシャツを脱いでタンクトップ一枚になる、なんていう技も使えるのです!

⑤トレンドは追わないようにしよう

一般人は常に「トレンド」を追っています。しかし、トレンドというのはあくまで平凡な一般人が追うものです。美しい肉体を誇る我々トレーニーには、トレンドなどというものは、一切関係ありません。

そもそもそのトレンドを作っているのが、身体の細い男性ばかりであり、さらにそのターゲット層もそういった男性ばかりなのですから、残念ながら世間のトレンドはマッチョな男性には似合わないのです。

欧米では男性は肉体的に逞しくなければならないという概念があるので、マッチョに似合うファッショというのは多くあります。しかし、日本にも肉体を鍛えている素晴らしい男性がいます。

そこで我々日本のマッチョは、独自のファッションセンスを磨いていけばいいのです。それがやがて「マッチョのトレンド」という新しいジャンルや業界を生み出していくことにも繋がるのです。

そもそも「マッチョである」ということ自体が、世間のトレンドからは外れていることなのです。だからこそ、マッチョは世の中のトレンドなどというものを全く気にせず、自分だけの独自の「オンリーワン・ファッション」で勝負していけるのです!

マッチョに合うブランドは海外製

ぷろたん

国内ブランドはマッチョには合いません。基本的には欧米のブランド、特にアメリカのブランドが、最もマッチョな肉体を強調できるファッションがあります。

それはアメリカでは男性は肉体的に逞しくなければならない、という従来の考え方が根付いているからです。そのため、マッチョ層をターゲットとしたファッションも、ラインナップにあるのです。

そのため、マッチョな男性は欧米のブランドを視野に入れて、自分に似合うファッションを検討していくことをオススメします!

まとめ

マッチョのためのお洒落やファッションについて、これまで詳しくみてきました。いかがでしたか?

マッチョの肉体は極めて美しいですが、それだけに一般社会では生活しにくいところがあります。ファッションはその典型です。世の中は軟弱な男に合わせて作られているからです。

しかし、だからこそマッチョは世間のトレンドなどに惑わされない、自分独自のファッションセンスを磨くことができるのです。マッチョは肉体自体がファッションです。その肉体にフィットするファッションは、さらに肉体美を際立たせてくれます。

周囲の男たちとは一線を画した、肉体の美しさをアピールするファッションを磨いて、好みの女性にどんどんアピールしていきましょう!

ぷろたん筋肉研究所はyoutubeで頻繁に解説動画を上げております。

ぜひ、チャンネル登録よろしくお願い致します。

関連記事はこちら