この記事は約2分で読めます。

話題沸騰のライザップってどんな筋トレをしているの?

スポンサードリンク

印象的な広告で、一気に知名度を上げたライザップ。ライザップは、お客さんとトレーナーが完全マンツーマンとなって肉体改造を目指していくトレーニングジムなのが特徴です。

そのため、お客さんのやる気があれば、確実な肉体改造を目指すことが出来るトレーニングジムとして人気を博しています。

テレビCMを見ていると、丸い体型をしていた芸能人が、バキバキの肉体になっているのをよく見かけるので、「 一体どんなトレーニングをしているのだろう?」と興味を持っている人たちもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ライザップで行っている筋トレの概要に少し触れてみたいと思います。

スポンサードリンク

ライザップでは無酸素運動を行う

ラットプルダウン

ライザップで行う筋トレは、無酸素運動と呼ばれる筋トレのみを行います。有酸素運動は基本的に行いません。(有酸素運動は、ジョギングやサイクリング、水泳など)

ライザップは決して広いトレーニングスペースではないので、 トレーニングメニュー自体は結構シンプルになっています。 ライザップで筋トレをする時に使うアイテムは、ダンベルとバーベルの2つのみ。

このようなシンプルなアイテムを使いながら、足、お腹、お尻、背中、胸、肩、腕といった、あらゆる筋肉を鍛え上げていきます。

具体的にはどんな身体の動かし方をするのか?

ライザップでの筋力トレーニングは、「少ない回数で限界を超える」ことを意識しています。 そのため、筋トレ初心者がイメージしている「100回繰り返すような筋トレ」 をすることはまずありません。

回数については個人差がありますが、 少なくて6回程度。 多くても10回を少し超える程度でしょう。 この回数で筋肉が限界を迎えるように、バーベルやダンベルの重さを調整していくのです。 このような筋トレを、インターバルを置きながら数セットこなしていきます。

一回当たりのトレーニング時間は約60分。少ない回数とはいえ、 このトレーニングをコンスタントにこなすのは、はっきり言ってかなりきついと思います。

初心者だけで行うと、バーベルを支えきれなくて大怪我してしまうかもしれませんが、ライザップの場合は、マンツーマンでトレーナーがサポートしてくれるので、どうしても厳しそうな場面では、軽くバーベルを支えるサポートを行ってくれますから安心です。

1週間に2回のトレーニングが基本

カレンダー

ライザップでは、1週間に2回トレーニングをするのか基本です。 均等なインターバルを置く必要があるので、例えば「月曜日と木曜日の週2回」 という感じになるでしょう。

この二日間は、筋トレメニューが異なります。 1日目は上半身の筋トレを行って、二日目は下半身の筋トレを行う、という感じです。

自宅での筋トレは必要ない

「もっとコンスタントに筋トレを行いたい」 という思いから、 自宅でもハードな筋トレに望む人がいますが、あまり好ましいことではありません。

筋肉は、数日しっかりと休めることで、がっちりつきやすくなります。 このようなことも考慮した上で、週2回のトレーニングになっています。

だから、 疲労感が抜けない間は、自宅での筋トレは行わない方が良いのです。 もちろん、絶対に行ってはいけないというわけではないので、私生活での筋トレに関しては、専属トレーナーとよく相談するようにしましょう。

食事の管理も行う

食事

筋トレを行うだけでは体を絞ることはできません。 食事の管理も大切です。 ライザップでは、主に糖質を抜いた食事を求められます。 食べていい物と、食べてはいけない物のリストももらえるので、判断は難しくはないでしょう。

「その日に食べたメニューを写真に撮って、トレーナーに送る」という取り組みもしています。だから、ジムに通っていない時間もトレーナーとマンツーマンのような関係が続くのです。

くれぐれもこっそり食べたいものを食べないようにしてくださいね。

まとめ

ライザップでは専門トレーナーが1対1で丁寧に理想のボディに近づくよう面倒をみてくれます。食事面も面倒見てくれるので、痩せたい人は安心ですよね。

お値段は少し高額になりますが、短期間でかなり効果が実感できる可能性があります。

結婚式などの一大イベントを控えていて、その時までにどうしても痩せたい!など考えてる人は試してみてもいいかもしれませんね!

ぷろたん筋肉研究所はyoutubeで頻繁に筋トレの解説動画を上げております。

ぜひ、チャンネル登録よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です